パリが恵比寿にやってきた!

美しさに感激中! 昨日、恵比寿に「パリ」がやってきました!

フランスで27年アーティスト活動をしている秋山あいさんの作品展を開催します。

パリの裏窓シリーズで、20区全ての作品を集めました。一番の見所は180cmある7区の裏窓からの風景。 この展示のために1ヶ月かけて制作してくれました。

眺めているだけで、パリに吸い込まれてしまいそう。 ぜひご覧ください。

4月5日〜13日まで。13時〜19時 Gallery and Shop 山小屋

----------------------------------- 【FBイベントページ】http://www.facebook.com/events/1297316377028608/ -----------------------------------

フランスに住んで27年になるアーティストの秋山あい。 「ふっと見落としてしまうような風景で、町はできているのかもしれない」 そう彼女は言います。

そんな秋山あいが描く「パリ20区の裏窓」シリーズが、山小屋にやってきます。

自分を取り巻いているものを観察するのが自分のアートワークの中心だった」 という彼女は、鉛筆を使って、緻密に、そしてユーモラスに対象物を描きます。

彼女の代表的な作品シリーズのひとつが、「Nothing Landscape(なんでもない風景)」。 生まれ故郷である渋谷のネオン、パリの裏通り、そして旅先で見たふとした風景が、独特のタッチで描かれます。 今回はその中でも、パリの裏窓ばかりを集めました。

どこかの誰かが、あくびをしたり、考えごとをしたり、誰かに電話をしたり、ぼんやりしたり、月を見たりする、そんな窓辺。 最大の見所は、7区のアパルトマンからの景色です。 制作期間一ヶ月。高さ170センチのその絵は、実際の窓辺を等身大で表現したもの。 前に立てば、まるでパリの窓辺に立っているかのような感覚になるのです。 小さなパリの入り口へ、ようこそ。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017 by Ario Kawauchi 

  • Facebook Black Round
  • Instagram Black Round
  • Twitter Black Round